[WordPress]Google Sitemaps用のsitemap.xmlを簡単に生成できるプラグイン Google Sitemap Generator

WordPressでGoogleサイトマップ用のsitemap.xmlを簡単に生成できるプラグインGoogle Sitemap Generatorの導入と日本語化の手順をメモ。それぞれのバージョンは、WordPress 2.8.4、Google Sitemap Generator 3.1.4、サーバーはヘテムル。

1.プラグインをダウンロード

配布元からプラグインをダウンロード。

2.プラグインをインストール

「/wp-content/plugins/」以下に[sitemap]というフォルダを作成して、ダウンロードしたファイルを格納。

3.プラグインを有効化

ダッシュボードからプラグインを有効化すると、設定の中に「XML Sitemap」という項目ができる。ここから細かな設定が可能。

4.設定画面の日本語化

デフォルトだとプラグインの管理画面が英語なので日本語化してみる。デフォルトの言語ファイルでは、うまく日本語化できなかったので、MMRT daily lifeさんの「Google XML Sitemaps v3.0.3.1改 日本語版」で試してみたところ日本語化に成功。ダウンロードした日本語の言語ファイルを「/wp-content/plugins/lang」以下に上書き保存で格納すれば日本語化されるはず。

5.sitemap.xmlとsitemap.xml.gzを生成する

プラグインの管理画面から、sitemap.xmlとsitemap.xml.gzを自動で生成できる機能があったので試してみたが、正常に完了できなかったので手動で作成してみる。WordPressをインストールしているルートディレクトリに、sitemap.xmlとsitemap.xml.gzという空のファイルを作成して、パーミッションを606に設定。

6.サイトマップ情報を生成

プラグインの管理画面の上部にある[sitemapを再構築]をクリック。
これで、sitemap.xmlとsitemap.xml.gzにサイトマップの情報が自動生成されているはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

To create code blocks or other preformatted text, indent by four spaces:

    This will be displayed in a monospaced font. The first four 
    spaces will be stripped off, but all other whitespace
    will be preserved.
    
    Markdown is turned off in code blocks:
     [This is not a link](http://example.com)

To create not a block, but an inline code span, use backticks:

Here is some inline `code`.

For more help see http://daringfireball.net/projects/markdown/syntax