月別アーカイブ: 2013年2月

[WordPress]データベースとWordPress本体のファイルを自動でバックアップできるプラグイン BackWPup

WordPressのバックアップを自動でやってくれるBackWPupというプラグインが便利だったので設定などをメモ。今回はとりあえずデータベースとWordPress本体のファイルすべてをZip形式で毎日3:00に最新2つまでをDropboxにバックアップする方法。

プラグイン導入時のバージョンは、WordPress 3.5.1、BackWPup 2.1.17。

BackWPupとは

  • データベースとWordPress本体ファイルをバックアップできる。
  • ジョブ単位でバックアップを管理できる。
  • バックアップファイルの最大数を指定できる(古いバックアップから消去される)。
  • バックアップ先の選択肢が豊富。メール、FTPサーバ、Dropbox、Amazon S3など。

など。

設定方法

WordPressにBackWPupをインストールすると、ダッシュボードの左側の下のところに「BackWPup」という項目ができているはず。

BackWPup

BackWPupの項目をクリックするとBackWPup Jobsというページが開くので、Add Newをクリックして新規ジョブを作成する。

BackWPup Jobs

BackWPup Job Settingsというページが開くのでジョブの詳細を設定していく。

Database Jobs/File Backup

Database JobsとFile Backupは何もいじらずにデフォルトのまま。

BackWPup Jobs

Backup to Dropbox

DropboxにバックアップするのでBackup to Dropboxの項目を設定する。

BackWPup Jobs

まず「Authenticate!」ボタンをクリックしてDropboxアカウントを認証する。

はじめに認証を試したときに何故だかうまくいかなかったけど、インストール済みプラグインをすべて最新版にアップデートしたら認証に成功した。原因はよく分からない。

「Folder」にはDropboxのどのディレクトリにバックアップを保存するかを入力。

「Max. backup files in Dropbox folder:」のところは、バックアップファイルの最大数を指定する。今回は最大2つのバックアップファイルを確保したいので「2」と入力。

Job Schedule

BackWPup Jobs

バックアップのスケジュールを設定。毎日3:00にバックアップしたいので、「daily」にチェックを入れて、Hour「3」、Minute「0」を選択する。

「Activeate scheduling」のところは、チェックが入った状態で設定を保存するとバックアップが開始されてしまうので、設定がすべて完了するまではチェックを外しておくのがいいかも。

Backup File

BackWPup Jobs

File Prefixはバックアップファイルのファイル名の先頭に挿入される文字列を指定できる。

File Formartのところはファイル形式を選択。今回はZipを選択。

Send log

BackWPup Jobs

ログの送信について。ログの送信が必要であれば送信先のメールアドレスを入力。

バックアップに失敗した場合のみメールを送信する場合は「Only send an e-mail if there are errors.」のところにチェックを入れる。

Job Type

BackWPup

バックアップの種類を選択。データベースとWordPress本体のファイルをバックアップしたいので、「Database Backup」と「File Backup」にチェックを入れる。

バックアップを開始

以上の設定がすべて完了したら、Job Scheduleにあった「Activeate scheduling」にチェックを入れて、Job Typeの「Save Changes」ボタンでジョブの設定を保存すればバックアップが開始されるはず。

まとめ

プラグインのみでデータベースとWordPress本体両方のバックアップを完結できるし、サーバ側で何かトラブルが発生してもDropboxなどの外部ストレージへバックアップしておけば、いざという時になんとかなりそうだったりで、これはなかなか便利なプラグインかも。

双方に500MBプラスされるDropboxの登録ページへのリンクを張っておくので、これから新規登録される方はよろしければどうぞ。

Dropbox へのご招待です。 – Dropbox

参考サイト

MAMPでPHPファイル以外でもPHPを実行可能にする方法

MAMPでHTMLファイルなどでもPHPを実行できるように設定する方法をメモ。MAMPのバージョンは2.1.1。

設定方法

/Applications/MAMP/conf/apache/にあるhttpd.confをテキストエディタなどで開いて、135行目ぐらいにある以下の部分を修正する。

AddType application/x-httpd-php .php .phtml

この部分にPHPを実行させたいファイル形式の拡張子を追加する。

AddType application/x-httpd-php .php .phtml .html

編集したhttpd.confを保存してMAMPを再起動すれば、追加したファイル形式でPHPが動くはず。

参考サイト