カテゴリー別アーカイブ: WordPress

[WordPress]データベースとWordPress本体のファイルを自動でバックアップできるプラグイン BackWPup

WordPressのバックアップを自動でやってくれるBackWPupというプラグインが便利だったので設定などをメモ。今回はとりあえずデータベースとWordPress本体のファイルすべてをZip形式で毎日3:00に最新2つまでをDropboxにバックアップする方法。

プラグイン導入時のバージョンは、WordPress 3.5.1、BackWPup 2.1.17。

BackWPupとは

  • データベースとWordPress本体ファイルをバックアップできる。
  • ジョブ単位でバックアップを管理できる。
  • バックアップファイルの最大数を指定できる(古いバックアップから消去される)。
  • バックアップ先の選択肢が豊富。メール、FTPサーバ、Dropbox、Amazon S3など。

など。

設定方法

WordPressにBackWPupをインストールすると、ダッシュボードの左側の下のところに「BackWPup」という項目ができているはず。

BackWPup

BackWPupの項目をクリックするとBackWPup Jobsというページが開くので、Add Newをクリックして新規ジョブを作成する。

BackWPup Jobs

BackWPup Job Settingsというページが開くのでジョブの詳細を設定していく。

Database Jobs/File Backup

Database JobsとFile Backupは何もいじらずにデフォルトのまま。

BackWPup Jobs

Backup to Dropbox

DropboxにバックアップするのでBackup to Dropboxの項目を設定する。

BackWPup Jobs

まず「Authenticate!」ボタンをクリックしてDropboxアカウントを認証する。

はじめに認証を試したときに何故だかうまくいかなかったけど、インストール済みプラグインをすべて最新版にアップデートしたら認証に成功した。原因はよく分からない。

「Folder」にはDropboxのどのディレクトリにバックアップを保存するかを入力。

「Max. backup files in Dropbox folder:」のところは、バックアップファイルの最大数を指定する。今回は最大2つのバックアップファイルを確保したいので「2」と入力。

Job Schedule

BackWPup Jobs

バックアップのスケジュールを設定。毎日3:00にバックアップしたいので、「daily」にチェックを入れて、Hour「3」、Minute「0」を選択する。

「Activeate scheduling」のところは、チェックが入った状態で設定を保存するとバックアップが開始されてしまうので、設定がすべて完了するまではチェックを外しておくのがいいかも。

Backup File

BackWPup Jobs

File Prefixはバックアップファイルのファイル名の先頭に挿入される文字列を指定できる。

File Formartのところはファイル形式を選択。今回はZipを選択。

Send log

BackWPup Jobs

ログの送信について。ログの送信が必要であれば送信先のメールアドレスを入力。

バックアップに失敗した場合のみメールを送信する場合は「Only send an e-mail if there are errors.」のところにチェックを入れる。

Job Type

BackWPup

バックアップの種類を選択。データベースとWordPress本体のファイルをバックアップしたいので、「Database Backup」と「File Backup」にチェックを入れる。

バックアップを開始

以上の設定がすべて完了したら、Job Scheduleにあった「Activeate scheduling」にチェックを入れて、Job Typeの「Save Changes」ボタンでジョブの設定を保存すればバックアップが開始されるはず。

まとめ

プラグインのみでデータベースとWordPress本体両方のバックアップを完結できるし、サーバ側で何かトラブルが発生してもDropboxなどの外部ストレージへバックアップしておけば、いざという時になんとかなりそうだったりで、これはなかなか便利なプラグインかも。

双方に500MBプラスされるDropboxの登録ページへのリンクを張っておくので、これから新規登録される方はよろしければどうぞ。

Dropbox へのご招待です。 – Dropbox

参考サイト

[WordPress]Google Sitemaps用のsitemap.xmlを簡単に生成できるプラグイン Google Sitemap Generator

WordPressでGoogleサイトマップ用のsitemap.xmlを簡単に生成できるプラグインGoogle Sitemap Generatorの導入と日本語化の手順をメモ。それぞれのバージョンは、WordPress 2.8.4、Google Sitemap Generator 3.1.4、サーバーはヘテムル。

1.プラグインをダウンロード

配布元からプラグインをダウンロード。

2.プラグインをインストール

「/wp-content/plugins/」以下に[sitemap]というフォルダを作成して、ダウンロードしたファイルを格納。

3.プラグインを有効化

ダッシュボードからプラグインを有効化すると、設定の中に「XML Sitemap」という項目ができる。ここから細かな設定が可能。

4.設定画面の日本語化

デフォルトだとプラグインの管理画面が英語なので日本語化してみる。デフォルトの言語ファイルでは、うまく日本語化できなかったので、MMRT daily lifeさんの「Google XML Sitemaps v3.0.3.1改 日本語版」で試してみたところ日本語化に成功。ダウンロードした日本語の言語ファイルを「/wp-content/plugins/lang」以下に上書き保存で格納すれば日本語化されるはず。

5.sitemap.xmlとsitemap.xml.gzを生成する

プラグインの管理画面から、sitemap.xmlとsitemap.xml.gzを自動で生成できる機能があったので試してみたが、正常に完了できなかったので手動で作成してみる。WordPressをインストールしているルートディレクトリに、sitemap.xmlとsitemap.xml.gzという空のファイルを作成して、パーミッションを606に設定。

6.サイトマップ情報を生成

プラグインの管理画面の上部にある[sitemapを再構築]をクリック。
これで、sitemap.xmlとsitemap.xml.gzにサイトマップの情報が自動生成されているはず。

[WordPress]エントリー内でPHPを実行可能にするプラグイン Exec-PHP

WordPressは、エントリー内でPHPを実行することができないが、Exec-PHPというプラグインを使用することでPHPの実行が可能になる。hetemlのサーバー環境でプラグインが有効化できなかったり、エラーのようなものが表示されてしまい、ハマったので導入手順をメモ。それぞれのバージョンは、WordPress 2.8.4、Exec-PHP 4.9、サーバーはヘテムル。

1.プラグインをダウンロード

配布元からプラグインをダウンロード。

2.プラグインをインストール

WordPressをインストールしているディレクトリの「/wp-content/plugins/」以下に、解凍したフォルダを格納。

3.プラグインを有効化

ダッシュボードからプラグインを有効化。と思ったら「重大なエラーを引き起こしたのでプラグインの有効化はできませんでした。」と表示されてプラグインが有効化できない。調べてみたら、hetemlのサーバーを利用している場合、PHPのバージョンが原因で有効化できないらしい。レンタルサーバー「heteml」 – PHP5のご利用方法についてを参考に、「/wp-content/plugins/」に、htaccessを設置してみたところ、無事に有効化できました。

プラグインを有効化できてしまえば、エントリー内でPHPを実行できているみたいなのだけど、新規投稿の画面で下記のようなエラーのようなメッセージが表示される。

Exec-PHP WYSIWYG Conversion Warning. Saving this article will render all contained PHP code permanently unuseful. Even if you are saving this article through the Code editor. You can turn off this warning in your user profile. Ignore this warning in case this article does not contain PHP code. Read the Exec-PHP documentation if you are unsure what to do next.

ダッシュボードの[ユーザー]から[あなたのプロフィール]を開き、一番下の、Exec-PHP Settingsというところの、「Disable WYSIWYG Conversion Warning」にチェックを入れると、メッセージが表示されなくなる模様。

【参考にさせて頂いた記事】
Ktai Style
WordPressにプラグインExec-PHP 4.9をインストール | あれこれ日記 – 一筆啓上

[WordPress]Google Analyticsを簡単に導入できるプラグイン Ultimate Google Analytics

WordPressでGoogle Analyticsを簡単に導入できるプラグインUltimate Google Analyticsの導入手順をメモ。それぞれのバージョンは、WordPress 2.8.4、Ultimate Google Analytics 1.6.0。

導入はとても簡単で、配布元サイトからプラグインをダウンロードして「/wp-content/plugins/」以下に格納。ダッシュボードからプラグインを有効化。設定から[Ultimate GA]を選択し、Account IDにGoogle Analyticsのトラッキングコードの中にある、UAから始まるコードを入力。Update optionsをクリックすると、WordPressにGoogle Analyticsの導入が完了しているはず。

そのほかにも、WordPressにログインした状態でサイトを閲覧した場合、アクセスをカウントしない機能があったり(トラッキングコードが埋め込まれない仕組みらしい)、外部リンクがクリックされた場合のログを「outgoing」として記録できたり、とても便利なプラグインです。

MAMPを使ってローカル環境にWordPressをインストールする方法

MAMPを使って、Macでローカル環境にWordPressをインストールするときの手順をメモ。インストール時のそれぞれのバージョンは、Mac OS X 10.5.6、WordPress 2.6.2、MAMP1.7.2。

1.MAMPをダウンロードしてインストール

MAMPのサイトから、アプリケーションをダウンロードしてインストール(一般のアプリケーションと同じように、アプリケーションフォルダにコピーして置いておけばOK)。Proと普通のバージョンがあるみたいだけど、とりあえず普通の方をインストール。

2.phpMyAdminでデータベースを作成

MAMPを起動してスタートページを開く(デフォルトではMAMPの起動時に自動的にスタートページが開く)。スタートページのメニューより、phpMyAdminを開いて、今回インストールするWordPress用のデータベースを作成する。「新規データベースを作成する」というところに、作成したいデータベース名を入力、照合順序は「utf8_general_ci」を選択して、「作成」ボタンをクリック。これでデータベースが作成される。

3.WordPressを準備

MAMPをアプリケーションフォルダに置いた場合、「/Applications/MAMP/htdocs/」がDocument Rootになる。複数のWordPressやMovableTypeなども、インストールする可能性があるので、「/Applications/MAMP/htdocs/wp/test01」などのように、あらかじめディレクリを切っておき、ここにWordPressのデータをコピーする。

4.WordPressをインストール

準備ができたら、WordPressのウィザードを使ってインストール開始。ブラウザで、http://localhost:8888/WordPressを設置したディレクトリ/を開くと、「ファイルが見つかりません」というページが表示されるので、一番下の、「wp-config.php ファイルを作成する」をクリックして次に進む。データベース名などの入力画面では、下記を入力。

データベース名:2.で作成したデータベース名を入力
ユーザー名:root
パスワード:root
データベースのホスト名:localhost
テーブル接頭語:wp_

さらに進んでいくと、ブログタイトルとメールアドレスを入力する画面になるので、適当に入力(あとから変更可能)。「このブログを Google や Technorati などの検索エンジンに表示されるようにする。」というチェックボックスは、ローカルでのテスト用なのでチェックを外して、「WordPressをインストールする」をクリック。

「成功しました !」というページが表示されて、WorPressのインストールが完了。この画面に、ユーザー名とパスワードが表示されているので、メモしておく。

5.WordPressのダッシュボードにログイン

ブラウザから、http://localhost:8888/WordPressを設置したディレクトリ/wp-login.phpを開き、先ほどメモしておいた、ユーザー名とパスワードを入力してログイン。パスワードを忘れるとログインできなくなってしまうので、自分でわかりやすいパスワードに変更しておく。

これで、WordPressのテーマのカスタマイズなどがローカル環境で行えるようになります。