タグ別アーカイブ: Firefox

Firefox3.6使用時に100%表示のフルフラッシュサイトで常にスクロールバーが表示されてしまう場合の対処方法

Firefox3.6にアップデートしたら、100%表示のフルフラッシュサイトで、ウィンドウサイズが指定した最小サイズ以下になっていないのに、常にスクロールバーが表示されてしまう現象が発生。Firefox3.5では問題なく表示できていたし、他のブラウザでも正常に表示できるようなので原因を調べてみたら、swffitが問題だったみたいです。swffitのバージョンを2.1から2.3.3(2010年1月18日リリース)にアップデートしてみたところ、スクロールバーは消えて正常に表示できるようになりました。

Progressionで作成したFlashコンテンツがFirefoxで表示できない場合の対処方法

Progressionで作成したFlashコンテンツが、Firefoxだけ表示できなく困っていたのですが、Page Saverというアドオンが原因だったみたいです。Page Saverを外してみたところFlashコンテンツが正常に表示できました。根本的な原因はよくわからないし、ProgressionとPage Saverの問題ということでもない気もしますが、念のためそれぞれのバージョンもメモしておきます。

Webページ全体のスクリーンショットをキャプチャーできるPage Saver

Webページのスクリーンショットを簡単にキャプチャーすることができる、Firefox用のプラグイン「Page Saver」が便利なのでメモ。

OSの標準機能でも、スクリーンショットのキャプチャーは可能だけど、ブラウザーに表示されている部分しかキャプチャーできない。Page Saverを使うと、ブラウザの隠れた部分も含めた、ページ全体のキャプチャーを保存することが可能。縦に長いページのキャプチャも簡単にできるので、とても便利。打ち合わせの資料作りなどで結構役立ってます。

ちなみに、Macだと、Paparazzi!というフリーのアプリケーション、Windowsだと、WebScanというシェアウェアでも同じようなことが可能。

Flash Switcher(OS X)で、Flash Playerのバージョンが切り替えられない

Flash Playerのバージョンを簡単に切り替えることができるFirefox用のプラグイン「Flash Switcher」が、Macでなかなか正常に動かず困ったので、うまくいったときの流れをメモ。

1.アンインストーラーで現在インストール済みのFlash Playerを削除。
念のためアンインストール。必要ないかもしれないです。

2.Firefox3.0に、Flash Switcherをインストール。
この段階では、下記のFlash Playerがインストールされて、動作も切り替えも問題なし。

  • Flash 9.0 r124
  • Flash 9.0 r115

3.Flash Player 10のデバッグ版をインストール。
バージョン10.0 r22が追加されて、バージョン10に関しては問題なく動作するけど、デフォルトでインストールされていたバージョン9に、切り替えができなくなる。

4.「/Library/Internet Plug-Ins」ディレクトリの中にある、Flash Player.pluginを削除。
cellfusion blogさんの「Flash Switcher入れてみた(OSX版)」を参考にさせて頂き、「Flash Player.plugin」を削除。一旦すべてのFlash Playerが削除された状態になるけど、Flash Switcherから「10.0 r22」「9.0 r124」「9.0 r115」を選択することができて、それぞれのバージョンを再度インストールすることが可能。バージョンの切り替えもできるようになる。

その後、バージョン8などを追加しようと思ったら、インストール自体ができなくて、Flash Switcherで全てのバージョンの切り替えが、できなくなってしまったけど、再度、4の流れで「Flash Player.plugin」を削除すると正常に戻った。

よくわからないけど、バージョンの切り替えができなくなったら、「Flash Player.plugin」を削除して、それぞれのバージョンをインストールしなおせば、なんとかなりそうな感じ。現状、「9.0 r124」「9.0 r115」「10.0 r22」しか切り替えができないけど、バージョン8以前は動作確認する機会もあまりないと思うので、とりあえずこの状態で使ってみることにします。